入局のご挨拶

 

八戸市民病院研修医の関口季詠先生が

入局のご挨拶に来て下さいました 8-) 

 

IMG_6910

   

可愛らしい笑顔で、爽やかなハキハキしていそうな先生です 

関口先生、これからよろしくお願いします :lol: 

 

  

IMG_6915

 

医局の仲間も増え、春からますます楽しくなりそうです

先生方の表情が少しばかり硬いですが、これはカメラマンが笑わせる腕前がなかったのが原因です(笑)

全力の笑顔で撮れるよう密かに腕を上げておきたいと思います

 

 

 

入局のご挨拶

 

盛岡赤十字病院研修医の仲林先生が

入局のご挨拶に来てくださいました

 

①

緊張されているのか誠実な雰囲気が伝わりますね

 

②

医局の先生方も歓迎の様子です

今後のご活躍を祈念いたしております

 

 

入局のご挨拶

岩手県立中央病院研修医の小笠原慶太先生が

入局のご挨拶に来てくださいました :-) 

 

IMG_0074

 

笑顔がとても素敵な先生ですね

小笠原先生、これからよろしくお願いします。

 

今後のご活躍を祈念いたします!!!

八戸赤十字病院 佐藤一範先生が、八戸市の地元新聞、デーリー東北に取材記事が掲載されました

 

 

 URLはこちらです。

腎臓の指定難病ADPKD 新薬に一筋の光 透析回避も – デーリー東北デジタル (daily-tohoku.news)

Happy Birthday 小原教授

先日、8月27日は小原教授の誕生日でした!

お昼のタイミングを見計らって医局の先生方とサプライズケーキでお祝いしました☆

S__321495050 (003)

今年は『Le Gout Merveillesx(ル・グ・メルヴェイユ)』さんのケーキにしたところ、

「おいしい!」と先生方に大好評でした♡

S__321495045 (003) image1

どこのお店か聞かれたのでお伝えすると・・・

「L’Arc~en~Ciel??」

と言っていたおちゃめな小原教授でした(笑)

残念ながら参加できなかった先生方には心ばかりの焼き菓子を。

 

小原教授、お誕生日おめでとうございます!

素敵な1年になりますように

 

聖火ランナー

岩手県立中部病院 泌尿器科 伊藤です。

2021年6月17日に東京2020オリンピック聖火リレーで聖火ランナーとして参加させていただきました。

2011年の震災の年に医師になり近年は岩手県沿岸の久慈や大船渡、釜石など沿岸の病院で主に従事してまいりました。今回岩手県の医師として震災による被害が特に大きかった山田町で走らせていただく機会をいただきました。

当日一緒に走る聖火ランナーの方は山田町で被災し復興に携わってきた方達とチームのような団結感が生まれ非常に心地の良い時間を過ごすことができました。またとても貴重なご縁もありました。

沿道には地元の方やボランティアの方が多く駆けつけ手を振ったり盛り上げてくれ一生に一度の貴重な経験ができました。家族や友人も応援に来てくれ、子供達が通っている幼稚園の園児達が手作りで作ってくれた横断幕で応援してくれました。

 今回私が聖火ランナーに応募した最初の理由は家族との時間を作りたい、子供たちに一生に一度の経験をさせてあげたいという思いからです。なかなか見ることのできない聖火リレーを見せることができ、大切な家族との思い出を作ることができました。

 

 最後に今回このような貴重な経験をする機会を与えてくださった東京2020オリンピック大会組織委員会、山田町、当日聖火リレーを様々な形で支え盛り上げてくださったスタッフの方々、様々な形で応援してくれた友人、

また当日私が走るために仕事をサポートしてくれた多くの仲間、そして家族に、全ての方に感謝したいと思います。

 

今回いただいた感謝に対してこれから様々な形でお返ししたいと思いますし、これからも変わらず医師として岩手県の医療に従事、貢献していきたいと思います。

 

 

 

聖火ランナー

 

聖火ランナー2

 

聖火ランナー3

 

東京2020オリンピック聖火ランナーオフィシャルスポンサーのトヨタ自動車のサイトに、

岩手県立中部病院 伊藤明人先生が取材された内容が掲載されました 8-) 

 

 URLはこちらです。

https://tokyo2020.torch-relay.toyota.jp/runner/no123/

コロナの功罪

岩手県立中部病院 泌尿器科 伊藤です。

 

今年は新型コロナウイルスの影響で様々な影響を受けています。

岩手県は新型コロナウイルスが発生していませんが、医療現場においては新型コロナウイルス対策が日常臨床を圧迫しています。

日本泌尿器科総会、透析医学会学術総会なども軒並み延期になりました。

しかし、その中でも俄然注目をあびているのはwebを用いてリモートではないでしょうか。

 

今年泌尿器腹腔鏡技術認定を受けようと思い、その勉強のためにと「泌尿器腹腔鏡ビデオ講習会」を3月に予約しました。

通常は東京や大阪などに出張し現地で講習を受けるのが通常ですが、このご時世です。

いくら他県への移動自粛が解除されたとしてもなかなか東京まで行くのは難しい状況は変わりません。

中止かな?東京まで行けるのかな?なんて思ったところにweb開催の通知が来ました。

 

今なにかと注目されている「ZOOM」での開催でした。

web講演会は日頃聞くことはあってもZOOMは初めてだったので少しわくわくしながらwebでのビデオ講習会を拝聴しました。

演者の諸先生方も初めての試みという事で試行錯誤されながらやられている印象はこちらにも伝わってきました(実際におっしゃってもいましたが。)

 

実際聞いてみるとほぼ違和感はなかったですね。

私は家では子供たちに邪魔されるので仕事場で聞いたのですがむしろいつもの環境でリラックスしながら聞けた印象です。

また気になったらすぐ調べたりできたのでむしろこのほうが私にはあっているのではないかとさえ感じました。

 

実際講習会は経腹式の左腎摘除術と、経腹式の右副腎摘除術の講習でした。

ちょうどこれから手術を控えている身においては非常に参考になりました。

一番大事なことは日頃教授に教えていている安全に、丁寧に行うことなのだと再認識しました。

 

また岩手県はただでさえ広く、このようなリモートを使った会議などはかなり有効なのではないかと感じます。

もちろん実際に会って話すことが重要であることには変わりありません。

しかし移動の時間・負担を補える一つのツールになりえると考えます。

 

今後このような形がまずます増えてくるのだと改めて実感した1日でした。

入局のご挨拶

 

 

昨日、胆沢病院研修医の後藤佑太先生が

入局のご挨拶に来てくださいました。

IMG_1262

 

 

IMG_1265

 

いつも以上に笑顔が輝いているように見えますね

今後のご活躍を祈念いたします!

ブログ対談 ※クリックで拡大できます

 

八戸西病院のURLはこちら

http://sg-silver.jp/hospitality-court20.pdf