ホーム > 泌尿器科学講座紹介 > 血液浄化療法部について
血液浄化療法部について

「血液浄化療法部」は、1970年に我々が手術室で始めた人工腎臓治療に始まります。
「血液浄化療法」とは聞きなれない言葉ですが、「体の外に、血液をポンプなどで導き出し、不要な物質(毒素)を血液(体内)から除去、あるいは必要な(不足している)物質を血液(体内)に補充することにより病態の改善をはかる治療法」です。現在日本において表1に示します病気が保険適応となっており、腎臓の病気のみならず肝臓、神経、血液、自己免疫疾患などの様々な病気が対象となります。

「当療法部」では、医師のみならず高度で専門性の高い技術力を有した専任看護師、臨床工学技士の3者によるチーム医療を行っております。
表1に示します様な病気で、かかりつけの先生より治療法の一つとして「血液浄化療法」を提示され、不安や疑問のある患者さんは、かかりつけの先生を通してご相談ください。各種病気を専門に診療する当院の各診療科と連携をとりながら、治療法の適否を検討いたします。なお「当治療部」には外来がないため、かかりつけの先生を通して当院泌尿器科外来を受診してください。

血液浄化療法適応疾患

<腎疾患>
 ・急性および慢性腎不全
 ・巣状糸球体硬化症
 ・ABO血液型不適合間若しくは抗リンパ球
  抗体陽性の同種腎移植

<消化器系疾患>
 ・重症急性膵炎
 ・劇症肝炎
 ・術後肝不全
 ・急性肝不全
 ・慢性C型ウイルス肝炎
 ・肝性昏睡
 ・潰瘍性大腸炎
 ・クローン病
 ・ABO血液型不適合間若しくは抗リンパ球
 ・抗体陽性の同種肝移植

<皮膚疾患>
 ・天疱瘡
 ・類天疱瘡
 ・中毒性表皮壊死症
 ・スティーブンス・ジョンソン症候群

<神経系・自己免疫疾患>
 ・重症筋無力症
 ・多発性硬化症
 ・慢性炎症性脱髄性多発根神経炎
 ・ギラン・バレー症候群
 ・悪性関節リウマチ
 ・全身性エリテマトーデス

<血液系疾患>
 ・多発性骨髄腫
 ・マクログロブリン血症
 ・血栓性血小板減少性紫斑病
 ・重度血液型不適合妊娠
 ・溶血性尿毒症症候群
 ・インヒビターを有する血友病

<その他>
 ・エンドトキシン血症
 ・薬物中毒
 ・家族性高コレステロール血症
 ・閉塞性動脈硬化症
 ・川崎病

平成24年4月1日現在

Copyright © Department of Urology, Iwate Medical University. All Rights Reserved.